伯耆大山と自然の造形美

Daisen Beauty of Nature 伯耆大山と自然の造形美 | peaklifeBlog
伯耆大山

 

伯耆大山に登ってきました

2月22日、鳥取県大山町にある伯耆(ほうき)大山へ。

明け方は曇っていて、米子市街から見る限りでは雲に隠れていて天気が心配されましたが、結果的に快晴かつ良い条件が揃い、かなり満足度の高い旅となりました。

 
今回は登山の過程も感じてもらいたいと思い写真を多めにしています。

また、各写真はFlickrへアップした上で記事中からリンクさせています。Flickrには高精細な画像でアップしていますのでご興味あるかたはそちらでもご覧ください。
※ブログの写真は当初Flickrに掲載していく予定でしたが、作品と混ざると作品自体の一覧性が損なわれるため、ブログの写真はPicasaで閲覧いただけるよう変更しました。(2014/3/9)

 
Daisen Beauty of Nature 伯耆大山と自然の造形美 | peaklifeBlog
夏山登山道入り口。夏山とありますがここから。

車道脇の雪量から言って1.5mくらいは積もっていたと思います。

夕日に合わせて行動するため、いつも通り昼からのスタート。他の登山者の多くは下山してくる時間です。

 
Daisen Beauty of Nature 伯耆大山と自然の造形美 | peaklifeBlog
登り始め、まだ1合目にもたどり着いていない。比較的気温も高かったけど、雪は適度に締まっていたのでアイゼンの食いつきも良く歩きやすい。

この時点では太陽が出たり隠れたりで天候がどう変わるか不安でした。

 
Daisen Beauty of Nature 伯耆大山と自然の造形美 | peaklifeBlog
少し標高が上がると木の枝に雪がつき始めます。

先日の大雪の影響からか、表面の小枝に産毛のように白い雪を纏っていてとても幻想的。

 
Daisen Beauty of Nature 伯耆大山と自然の造形美 | peaklifeBlog
枝についた雪はまるで白い花のようです。取って食べたくなる(食べないけど)。

 
Daisen Beauty of Nature 伯耆大山と自然の造形美 | peaklifeBlog
6合目に近づくにつれ樹高は低くなります。つまり視界が良くなります。

振り返ると、

 
Daisen Beauty of Nature 伯耆大山と自然の造形美 | peaklifeBlog
こんな景色が広がる。左奥に見えるのは弓ヶ浜海岸。こんな景色を見ると胸が高鳴ります。

世界は美しい。

 
Daisen Beauty of Nature 伯耆大山と自然の造形美 | peaklifeBlog
本日のメイン携行食はジャイアントコーン。これくらいの量を一気に頬張る。チョコレートも持っていくけどナッツ類が一番好き。

 
Daisen Beauty of Nature 伯耆大山と自然の造形美 | peaklifeBlog
6合目から少し登ったところ。

スタート地点からのだいたいの軌跡を描いてみました。大山のような単独峰はひたすら登るので標高を足で稼ぐ感じがとても気持ち良い。

自分もゆっくりだが着実に、そして景色が変わっていく、そんな生き方がしたい。

 
Daisen Beauty of Nature 伯耆大山と自然の造形美 | peaklifeBlog
この霧氷はボスキャラの風格。完全に中に何か入っている様相を呈しています…自然が作り出す造形は素晴らしい。いつも感動させられます。

 
Daisen Beauty of Nature 伯耆大山と自然の造形美 | peaklifeBlog
8合目からは木道が始まります。

ただ、ごく一部をのぞき完全に雪で埋まっていて、柵とロープがかろうじて頭を出しています。この辺りから一気に風が強くなりました。

6合目くらいまではTシャツで登っていたのですが、ここからはフリースに加えてゴアテックスのジャケットも着用、体温の低下を防ぐ。

体を冷やさず、汗をなるべくかかないように衣類で頻繁に調節するのは快適な山行にするコツです。

 
Daisen Beauty of Nature 伯耆大山と自然の造形美 | peaklifeBlog
少し緩やかになった道を歩いていくと、頂上が見えました。

「あとちょっと!」に見えても結構時間かかるんですよね。

 
Daisen Beauty of Nature 伯耆大山と自然の造形美 | peaklifeBlog
こんな雪の造形も。雪が風によって地面に強く当たることでできるんでしょうか?気になるし指で押したくなる。

 
Daisen Beauty of Nature 伯耆大山と自然の造形美 | peaklifeBlog
山頂到着。

途中から撮影しすぎで思ったより時間がかかりましたが、なんとか日没に間に合いました。

右下に見えるのは頂上小屋。半分以上埋まっていますが、ちゃんと裏口が掘られているので入る事ができます。

 
Daisen Beauty of Nature 伯耆大山と自然の造形美 | peaklifeBlog
夕日と逆側には夕日に映える剣ヶ峰が見えます。この日は小屋泊で写真撮っている人がいましたが、こっちが目当てみたいです。
※ちなみに剣ヶ峰へ続く足跡がありますが、向こうへは本格的な登山経験者で装備がないと危険です。公式には禁止されていたはず。

 
Daisen Beauty of Nature 伯耆大山と自然の造形美 | peaklifeBlog
日没寸前。雲の層に沈んでいきます。この後すぐ山を下るのですが、天気が良かったので夜景を撮ながらで下りも満喫できました。

続きは後日アップ予定です。

 
伯耆大山、あらためて素晴らしい山だと思いました。
次回は夏のシーズンですね。

 

ブログの写真について

今回からブログの写真も細部まで気を使って現像(デジタル処理)をする事にしました。

ブログ本体の小さめの写真では伝わらないかもしれませんが、自分の伝える手段として核となる部分は手を抜くべきではないと思ったのと、そのように行動する事がより良い未来へ繋がると感じたからです。

おかげでかなり時間がかかってしまいますが、これも登山のように少しづつ前に進む結果になると信じています。